yamata.programmer.blog

29歳 プログラマになるために通った道に落ちていた情報を発信します!

【HSP向け】鈍感力を鍛える為にやめるべき事6選

f:id:yamata214:20210514182117p:plain

今回の記事を読んで欲しい方

  • HSPの方
  • なるべく敏感な性格を変えたい方

今回はHSPの方に鍛えてほしい鈍感力について書いていこうと思います。

僕がそうですが、気がつきやすく些細な事でも疲れてしまうので、この鈍感力の鍛え方について書こうと考えました。

最近のHSPの方は鈍感になりたいという方も多いみたいなので、僕なりの解説を入れてみます。

 

完璧主義をやめる

僕も勿論入ってますが、HSPの方は完璧主義の方は非常に多いです。

何事にも100点を目指す。0か100でしか考えられないです。

それでいて100点を取れなければうまくいかなかったと尻込みをしてしまいます。

なので、小学校から大学まで、テストをしていた時を思い出してみてほしいです。

全部の教科を毎回、100点取れましたか?取れるはずないですよね。

100点(完璧)は目指すのはいいですが、絶対に100点を取らなければいけないという考えは改めましょう。

それだけで鈍感(というか敏感すぎという意味)になれますよ。

好かれようとする事をやめる

世の中の人から全員に好かれる人になるのは100%無理です。

実際に、自分という人間は1割の人からは好かれる、2割の人からは嫌われる、7割の人からはどうでもいい(実際には自分の行動によって好きになるか嫌いになるか分かれる)というデータが出ております。

いい人と思われるのを目指すのは良い事ですが、2割の人から嫌われる以上、万人から好かれるのは無理です。

全員から好かれようとすることをやめれば、心も軽くなりますし鈍感に近づけます。

いい人をやめる

好かれようとする項目と少し似ているところもありますが、いい人もやめてみましょう。

例えば、

  • 誘いは絶対に断らない
  • 仕事は必ず引き受ける
  • 人間関係は必ず良くなければいけない
  • 誰からも嫌われない行動を取る

といった、嫌われないような行動です。

こういった事に対して、

  • 誘いは断ってもいい(何回かに1回は乗る)
  • 仕事は断ってもいい(キャパシティを超える仕事量の場合)
  • 嫌われてもいい(万人に好かれようとする事をやめる)

といった行動やマインドを持てばいいです。

嫌な事に「ノー」と言える人間になる事が大事です。

頑張るをやめる

前回以前の記事にも書きましたが、HSPの方は見えない所で頑張っている方が多いです。

鈍感力とは少し趣旨が離れますが、頑張るのを辞めてみると鈍感力が上がるかもしれないですね。

最低限の仕事はこなして、あとは徹底的にサボりましょう。

サボるために頑張るのはありです。

www.yamata-pgblog.com

心配性をやめる

どなたかが執筆した書籍に、「心配事の9割は起こらない」という本があります。

内容は読んだ事がないのでわかりかねますが、タイトルの通り、心配事の9割は起こりません。

僕も「この人からこう思われてたらどうしよう」とか、「前から歩きスマホしてる人が来てる。ぶつからないかな」とか心配してます。

ぶっちゃけ、他人が何を考えてるかわかりませんし、歩きスマホもこちらが危ない程度に良ければぶつかりません。

心配した所で無駄だと考えれば、鈍感に近づけます。

攻撃に対しての反応をやめる

インフルエンサーや有名になればなるほど反論されたり誹謗中傷されたりします。
HSPの方は結構過剰に反応しちゃうと思うので、そもそも攻撃的なコメントを文字列でフィルターをかけたり、見てしまってもスルーしてしまっていいです。
あーそういう考えの人もいるんだなって感じで。
鈍感というより、反応をやめる癖をつけてみましょう。

 

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか。
鈍感力を鍛えるのは大分大変だと思います。
  • HSP気質を受け入れる
  • HSPが辛いから鈍感さを手に入れたい

どちらの選択肢もありです。

後悔しない選択をしていただければと思います。